出会い系で女の子とのメールを途切れさせない裏ワザ

出会い系サイトを利用していて女の子から返信が届いた時は最高に嬉しいものです。
でも、せっかく多数のライバルに勝って女の子の返信をもらったのに、その後の会話が発展せずに音信不通になってしまう事も少なくありません。

せっかく掴んだチャンスを活かすために、女の子とメールを続けていくためのコツをご紹介します。

1.基本は質問を添えてメールを送ること

女の子とメールをやり取りする上で大切な事は、女の子が返信し易い会話にしてあげる事です。
そのための最も簡単なテクニックとしては

自分が送るメールに質問を加えてあげることです。

女の子は返信をする際に、あなたの質問に答えることから文章を始めれば良いので書き出す事がとても楽になるんですね。質問が入ってないメールで会話のキャッチボールが成り立つのは、共通の話題があったりチャット状態になった時くらいで、そうでない時は女の子としても文章を書き出すキッカケが無いんです。

2.メールではひたすら聞き役に回る

女の子は自分の話を聞いて欲しい生き物です。
あなたがサービス精神旺盛に自分の事をたくさん話しても喜んではくれません、聞くより自分が話したいんです。だからこそ、話し下手な男性にも大いにチャンスがあるのが出会い系の魅力といえます。

上に書いた質問を添える形でメールを展開し、女の子が話したがっていることを引き出してあげると会話が盛り上がって、現実でのデートにつながっていきます。
女の子が自分語りを始めたら「うんうん」「なるほど」と相槌を含めながら短めのメールで聞き役に徹してください。男性にとっては面倒な事ですが、ここが出会い系を制するポイントです。

3.相手のプロフィールを見て話題を合わせる

女の子のプロフィールの中には会話をしていく上で大切な「話題」を決定するヒントがたくさん含まれています。
聞き役に徹して女の子のご機嫌をとるためには、話題を合わせてあげることは避けて通れません。

女の子の趣味が判ったら事前にネットで調べて、その話題に出てくる単語くらいは知っておくべきでしょう。単語さえ知っていれば質問の形をとって女の子に語らせることができるのでメールのやり取りも楽になります。

4.おわりに

出会い系サイトに登録している女の子には男性から大量のメールが届きます。

その中からあなたを選んで返信をくれたという事は、あなたに何かしら光るものを感じたからです。
その事を意識して、女の子に感謝しながら丁寧に上に書いた事を実行できれば、実際に会って楽しい時間を過ごすチャンスはきっとやってくるはずです。

もしも出会い系サイトで、どう頑張っても上手く女性と出会えない…という男性は

参考サイト:http://xn--e–g73a3rpa45akcb0850ej9fb51k.jp/

をご覧になってみてください。こちらのサイトは会員登録した男性ユーザーからの寄稿で、多数の体験談が報告されています。しかも画像つきです。
参考になるかと思うので、テクニックではなく、「他の男性はどうやって出会ってるのかな」と疑問に思われる方は目を通してみるのもいいでしょう。

出会えるまでは面倒がらずに、忍耐で頑張ってください。

PCMAXでサクラっぽい業者からのメールに釣られてみたwww

「はじめまして!私はセナっていいます。もし良かったらLINEしませんか?
IDは○○○です。待ってます!」

出会い系でこんなメール来たらどう思います。ギャルっぽい女の顔写メ付きで。まあ十中八九サクラですよね。LINEしたが最後、別サイトに誘導されるのは目に見えてます。

でも俺はあえて釣られてみることにしました。

その時は究極的に暇で、ちょうどどうやって暇つぶししようか考えていたところだったんですよね。そこにきてこのメールです。こりゃもう全力で釣られるしかないですよね。まあLINEならばブロックすれば済みますし、失うものは何もありません。

そんなわけで俺は遊び半分でサクラっぽい女性とLINE交換をしました。

PCMAXでサクラに釣られてみると…?

LINEのIDを検索すると、相手のホーム写真は案の定自撮り写メ。これまたサクラの典型ですね。しかし、これがまた俺の好みドストライクなんですね。化粧こってり、小麦色の肌したギャル。この女性が日本のどこかにいると思うだけでみなぎってくるというものです。

早速友達に追加し、「こんにちはー」と送ってみる。ややあって返事が返ってきました。

「はじめまして!いきなりですみません!」
「いえいえ、いきなりライン大丈夫だったんですか?」
「はい、一目でタクさんのこと気にいっちゃったもので」

一目って、写メのことだろうか。顔写真は載せていませんが、俺って無駄に筋肉があるもので、6パックに割れた腹筋をネタ程度にアップしていたんですね。サクラにしてはプロフをよく見てる。いや、偶然かなと思い「一目って?」と送ると、腹筋の写メのことが返ってきました。

これ、ほんとにサクラか?

100%の疑いが、75%くらいに下がりました。そもそも、会話が成り立っている。おかしい。質問すればそれに適した答えがきちんと返ってきます。やはり、おかしい。

これは、もしかすると、もしかするのか?

やり取りを始めて1時間ほど経っても別サイトへの誘導はなく、またフリーアドレスを送りつけてくることもありません。どうやら相手は筋肉が好きなようで、ひとしきり筋肉談義に花が咲きました。

ほんの暇つぶしのつもりだったけど、そうも言っていられない事態です。サクラだったらとうの昔に誘導しようと何か仕掛けてくるはず、でも現状それはない。

しかし、改めて出会い系のプロフなどを覗いても、アダルト色満載の自己紹介文に、もはや見慣れた写メが載っています。完璧にサクラ使用のプロフィール。いわば、男を釣るという目的に特化したプロフがそこにあります。

懊悩する間に時間は刻々と過ぎ、やがて何もないままその日はお開きとなりました。

サクラ(?)から「会いたい」ってきたww

翌日、朝起きるとせなさんからLINE。おはよー。うん、普通だ。普通過ぎて怖い。お前、サクラならサクラらしくしろよ。サクラじゃないならサクラっぽくない感じにしてくれよ。紛らわしいから。そこで俺ははたと気づきました。

女性はサクラがどのようなものか知っているのだろうか?

そうだ、出会い系においてサクラはもはやテンプレ化している。けれども、それは男性の間にのみであって、女性の間ではそのテンプレは広まっていないのでは。そしてこの女性はたまたま、そのひな型にプロフの形が当てはまってしまっただけなんじゃないのか。

寝起きの頭、フル回転。女性はそもそもセックス目的であることを隠そうとすることが前提にある。でも、それは絶対じゃない。万人に当てはまる法則ではないのです。万に1人りくらい、正直に性欲を暴露している人がいるかもしれない。

そうだ、そうに違いない。やばい、まじかよ。そんな女性に出会っちゃったのかよ俺。当たりじゃん、ちょう当たりじゃん。やっべえ。

なーんて、あるわけないですよね。

童貞でもこんな妄想しませんよ。そんな都合の良い話、転がっているわけありません。ついテンション上がって色々考えちゃいましたけど、全ては机上の空論。今日になればきっとサクラとしての本分を取り戻して…、

「今日お暇ですか?良かったら会いませんか?」

なん、だと…?

あり得ないものを見た気がして目をこすっても、文章は消えてなくならず、スマホからぼんやり浮き上がるようにしてそこに存在していました。夢だろうか。頬をつねる。痛い。夢じゃない。サクラだろうか。頭をひねる。わからない。

え、なに、なんか、怖い。

絶対罠だよ。サクラより質悪いよ。会いに行ったらどんな目に遭わされるか分からない。新手の誘導作戦なのか。しかし、その恐怖心とは裏腹に俺の手は好奇心に誘われるように動き、無意識に返事をしていました。

「いいよ!どこがいい?」
「じゃあ渋谷はどうですか?」
「オッケー!」

いやいや、全然オッケーじゃないから、やばいから、これ。どうなってんの、俺の手。というか本能。俺ってこんな好奇心いっぱいだったっけ。自分で自分が怖くなる。でも返事しちゃったしなあ。

もういい。悩んでいてもしょうがない。行こう。そしてこの謎を解き明かそう。俺は立ち上がり、クローゼットを開け放ちました。さて、どんな服装がいいかな。

PCMAXにいたサクラっぽい女性に会ってみた

渋谷のモヤイ像待ち合わせということで、俺はそこから少し離れた場所に待機していました。相手が待ち合わせ場所に来たのを確認してから出ていく作戦です。そうすればいくらか安全は確保できるはず。

待ち合わせ時間ちょうど。せなさんからLINE。

「着いたんですけど、今どこにいますか?」
「ごめん、もうちょっと待って。目印とかある?」
「んー、青いシャツ、かな」

青いシャツ。俺は目を凝らし、それらしき女性を探す。いた、いました。いっちょ前にタバコふかしているギャルが。でもなぜでしょう。違和感を感じます。

写メと、違う…?

まあ詐欺写メなんてよくあること。特に女性はまさに化けますからね。これくらい許容範囲です。近づいていき、ブーツの底でタバコの火を消しにかかっていたせなさんに声をかけます。

「はじめまして。せなさん?」
「は?」
「へ?」
「あんた、だれ?」

ねめつける。まさにその表現がピッタリな所作で俺の顔にがんくれると、彼女は「キモ」と唾でも吐き捨てるようにしてその場から去っていきました。

痛い。周囲の視線が痛い。加えて俺自身も痛い。

騙された。俺はサクラに騙されたんだ。なんたる屈辱。こんなことしてサクラに何の得があるというのでしょう。俺は熱い顔を隠すようにしてその場を離れ、駅へと向かいました。その時、

「タクさん、タクさん」

俺の名前を呼ぶ声。そもそも俺の本名にタクなんて文字はない。きっと別の人のことだ。でも、その声は俺を振り向かせるのに十分なほど切羽詰まっていて、そして近くから聞こえました。

振り向き、眼前に佇む人に焦点を合わせる。合わせて、そして、これは何かの間違いだと首を振りました。しかし、その人の口から再び「タクさん」という声が発せられ、それが勘違いでなく、ましてや夢でもなく、現実なのだと俺は察しました。

俺を呼び止めたのは、紛うことなき男でした。

30代手前くらいだろうか、ラフな格好で、どことなくなよっとした印象を受ける男。こいつが、セナ。サクラの正体。絶句する俺をよそに、彼はおどおどと口を開きました。

「あの、すみません驚きましたよね。それは謝ります、すみません。でもあの腹筋があんまり見事だったので、ぜひお友達になりたいなと。あ、でも僕にソッチの気は全くないのでご安心ください。僕が興味あるのは筋肉で、別に男に興味があるわけではなくて、でも仕事上、どうしてもああいうやり方でしかコンタクトができなくて…」

その後も何やら言い訳をツラツラ並べていたようですが、俺の耳には全く入ってきませんでした。いっそ、死にたい。俺は黙って晴れた空を見上げました。

出会い系で知り合った相手を上手く遊び・デートに誘うコツ

日本での恋愛の方法は最近とても様々な方法が存在します。
その中でも出会い系サイトを通じて知り合って恋愛に発展した、というカップルも増えてきています。本当にネットでの会話だけで恋愛に発展するのだろうか?と思う方ももちろん多いでしょう。
もちろんサイト内だけの会話で「この人好きだから付き合いたい!」とはならないでしょう。
ネットは性格を偽ることだって容易にできちゃいますからね。

そんな中恋愛に発展させることに成功ができている人たちはどうやっているのか?それは簡単です。
きちんとデートをしてそれをふまえて発展する人たちは発展しているんです。でもそのデートに誘うまでがなかなか難しいんです。

出会い系サイトでの一番のデメリットは「相手への信頼を得る」ことです。
LINEなどのように、知り合いだから連絡先を交換してそれをコミュニケーションツールとして使う、というのと出会い系サイト内での会話は全く入り方が違います。信頼感ゼロの状態から始まるのです。そこが最大の難関だと思います。いくら話が盛り上がったとはいえ、いざデートに誘うと

「ちょっと怖いから会うのは遠慮しておく」
「ごめん、会うってなるとちょっと、、、」

なんて言われちゃうことが多々あります。
しかしそれを恐れていては相手をデートに誘うなんてこの先一生できませんよ!それじゃもったいないです。
そこで今日は、相手と会う時の誘い方のポイントを女性目線でお伝えしようと思います。

まず、「○○に行かない?」や「○日に会わない?」など率直にドシンプルにいうのはやめましょう。
それがいきなり来るときっと相手は「え、何?会うのだけが目的なの?」などと不安を抱いてしまいます。そのようなことがないよう、もしも誘いたい場所が明確に決まっているのであれば、まずは趣味の話から入っていってそれが盛り上がってきたあたりで自然な流れで

「じゃあ○○知ってる?すっごくいいところだよ!よかったら今度一緒に行く?笑」

と言ってみてください。
ここで重要なのは「いかに自然な流れで誘えるか」と「笑、をつけることでノリで言ってみました、という冗談半分感も出せる」という点です。それでもし相手が乗り気なのであれば「行っちゃう?笑」などという返事がもらえるでしょう。

ただし「笑」の使い過ぎは相手に不快な思いをさせてしまうこともあるのでそこは十分に気を付けてください。
あとは相手に合わせて臨機応変に対応していくことです。「自然に」というのを絶対に忘れないでくださいね!

出会い系で女性が返信したくなる返信メールの作り方

あなたは出会い系サイトに登録をしたことがありますか?
これを見ている時点できっと利用したことがあるのではないでしょうか。

出会い系サイトはLINEで友達の連絡先を好感してコミュニケーションツールとして使う、という目的とは少し異なります。知らない相手と一からの関係を築かなくてはなりません。もちろんそれは簡単なことではありません。

「どうやったら会話が続くのだろう」
「初めてって何話したらいいかわからないし話を続ける自信がないな」

など、出会い系サイトを使い慣れていない人やあまりそういったSNSなどをコミュニケーションツールとして使っていない人には様々な悩みがあるのではないでしょうか。でももう大丈夫です。
今回は、出会い系サイトで女性から返事が返ってきやすくなるコツやポイントを女性目線から紹介したいと思います。

まず、これは絶対ですが「うん」「そうだね」「おっけー」「了解」など、まるで自分から返事はもういらないから、と言っているようなメッセージを送るのは禁止です。
「そんなの当たり前だよ!」と思った方はこの段落を飛ばしていただいて結構です。
しかしなぜだめなの?と思った方に説明しましょう。女性は「あ、この人話が一段落するのに会話を続けようとしてくれてる!」と「いい人感」を出すために今挙げたシンプルな返事は避けたほうがいいのです。
「いい人」を通り越して「この人わたしが気になっているのかも?」と相手の気をひきつけることもできて効果的なので、無難な方法ですがおすすめです。

もうひとつは、「そうなんだね!僕は○○なんだよね」と自分の意見を送ってみます。
よく、「そうなんだ、じゃあ○○はどうなの?△△は好き?」と質問攻めにすればいいと思っている人が多くいますが、質問ばかりされると相手は疲れます。相手から質問をさせる時間もつくってあげてください。これ、わりと重要です。
意外とできていそうでできていないコツなんです。

今回は大きく二つにわけて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?どちらもマスターしてるよ!という人はすみません、無駄な時間を過ごさせてしまいましたね。
しかしどちらもマスターしている人は何も問題ないので引き続き自信を持って相手に接するようにしてくださいね!
この内容に納得してくださったかたはさっそくこの方法を実際に使ってみてください。
きっと相手はすぐに返信したくなると思いますよ。

出会い系で写メ付き美人と連絡先交換を成功させるコツ

最近、若者から広い年齢層の間で出会い系サイトがどんどん広まっています。
出会い系サイトの目的は人によって様々です。しかしどの目的に関しても相手と連絡先を交換する、という点では共通しているのではないでしょうか。
今日はその出会い系サイトで知り合った女性とLINEを交換するテクニックを教えたいと思います。

私が実際に出会い系サイトで知り合った男性に言われた連絡交換先の聞かれ方は

「もっと話してみたいからよかったらLINE交換しない?」

と、いかにもわざとらしく率直なパターンです。もちろんこのシンプルな書き方で「いいよ!」となる女性もいるでしょう。
しかしシンプルすぎてぼやけている気がしませんか?そして少し不自然です。せっかくその相手と話しているのだから話の流れにうまく盛り込まなければならないのです。

では、それはどうするのでしょうか?方法はたくさんあります。
例えば、そのサイトで会話をしている女性と趣味が合うとしましょう。

「○○のライブ行ったことある!?あれほんといいよね!!」
「うん、特にファンサービスとかかなり興奮するよね!」

という会話の中でどうLINE交換への話へもっていくかです。
それでは、「グッズとかもかなりいいのあるよね!どんなの持ってる?」と聞いてみます。
そうすると自然にグッズの話へと会話の内容が移動しますよね。そこでです。どんなグッズを持っているのかを見せてもらう方向に誘導するのです。

最近の出会い系サイトはサイト内でも写真が送れるようになってきてしまったので効果がないのでは?と思ったあなたはもうひと工夫凝らしてみましょう。サイトには何らかのバグが起こってしまうことがあります。そのバグを味方にするのです。

「写真ありがとう!でも見れなかった…サイトがおかしいのかな?」と言うと自然でしょうね。
その流れで「LINEだったら見れるかもしれないからもし差し支えなければ教えてもらってもいい?まあ写真見るだけだし、いやなら全然大丈夫!」と言うんです。

ここで忘れてはならないのが、謙虚な姿勢で言う、ということです。
ここまで慎重かつ丁寧かつ自然に連絡先交換を促せばほぼ間違いなくその知り合った女性のLINEをゲットすることができるでしょう。シンプルで率直に言ってしまったから返信が来なくなった、なんて悲しい結果になるのは残念なので、今ここまで述べたこと参考にして、連絡先を交換したい女性に連絡をとってみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトで相手がサクラや業者かを見分けるコツ

出会い系サイトで本気で彼女を見つけたい!そういった思いを持っている人が増えているからか、最近の出会い系サイトはとても充実しています。
しかし充実しているからと言ってそのサイトが100%安心できるかというとそれはできないです。どのサイトにも落とし穴はあります。

出会い系サイトでいう落とし穴はサクラや業者です。
その落とし穴に落ちてしまうと、

「連絡先を教えたのに連絡は来ないが、その代わりに迷惑メールが大量に来るようになった」
「信頼していた相手だったから実際に会う約束をしたのにすっぽかされた」
「実際に会ってみたらお金を要求された」

など、様々な問題へと発展してしまいます。
しかしそれが嫌だからという理由だけで出会い系サイトをやめてしまうのはなんだか悲しいですよね。安心安全に正しい自己判断をして楽しく使いこなしたいですよね。

まず、サクラか業者かを見分けるための第一手段としては最初の頃のやり取りです。
最初のほうからお金に困っているといったような内容やすぐに連絡先を交換しようと言ってくる相手には要注意です。きちんとした相手であれば、はじめからそんなに誰にでもグイグイくるでしょうか?きっと来ないでしょう。中にはそういう人もいますけれども。
しかしその大半はサクラや業者ですので、もしも「この人はもしかしたらヤバイんじゃないか!?」と思ったらすぐに連絡するのをやめましょう。
そこであえて「サクラですよね?」や「業者さんですか?」などと言った質問をするのは絶対にやめましょう。いい返事が来るはずがありません。いいことはないと思うのでそれは控えてください。

今取り上げたのは最も単純なサクラや業者です。
中には少し会話をして仲良くなってから本性を表す人も出てきます。もしも怪しいと思ったら今度は自ら仕掛けてみるのもいいかもしれません。
例えば「○○ちゃんはお金に困ってたりしない?」などあえて自分からつっこんでいってみます。それへの食いつきをみてみましょう。かなりの食いつきだったらサクラか業者なのではないだろうか、と疑ってもいいと思います。
しかし相手が本当にあなたと仲良くしたいと思っている人であればそれによって相手が傷ついてしまうことだってありますのでその点に関しては自己判断で十分に注意をしてください。

出会い系サイトは素敵な出会いがあるというメリットがある反面、今回取り上げた話題のようにサクラや業者に引っかかるというデメリットもあります。
なので使い方や扱い方をしっかりとおさえたうえで正しくサイトを使いましょう。